公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 | Fujiwara Natural History Foundation

ナチュラルヒストリーを学び、究める。
藤原ナチュラルヒストリー振興財団 40周年記念事業

  • フィールド活動共催

  • シンポジウム

写真: 石塚 陽翔「今日の終わり」
(第6回中学生・高校生フォトコンテスト佳作)

(公財)藤原ナチュラルヒストリー財団設立40周年記念事業

藤原ナチュラルヒストリー振興財団は、2020年に設立40周年を迎えることとなりました。1980年の創設以来、2012年の公益財団移行を経て、2019年3月までに780件に及ぶ研究助成と95件の高等学校助成がなされ、創設者である藤原基男氏の遺志は、日本の自然史研究・普及において豊かに結実しています。40周年という佳き節目に、新たな自然史の種子を社会で芽吹かせるべく、これまでの助成成果を生かした記念事業を企画することとなりました。具体的には、下記の事業を計画しております。

(公財)藤原ナチュラルヒストリー振興財団 理事長挨拶

当財団は、ナチュラルヒストリーの研究の振興に寄与することを目的に、1980年に設立され、2012年に公益財団法人に移行しました。そして今年で40周年を迎えます。

そこで、原点とも言うべき自然観察を採り上げ、40周年記念事業として「みんなで探る自然史シリーズ-自然とともに歩む-」と題して、自然観察会を開催することといたしました。

自然界における生物の営みに多大の関心をもち続け、ナチュラルヒストリーに関する学術研究の振興を通じて社会に貢献することを目的として、当財団は今後とも事業活動をして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(公財)藤原ナチュラルヒストリー振興財団
理事長 野村 茂樹

1. 自然史を学ぶフィールド活動「みんなで探る自然史シリーズ-自然とともに歩む-」

人類は自然界の一員として、自然から恩恵を受け生きています。

どの時代にあっても、自然界を興味深く観察し、自然との好ましい共生方法を生み出すことがなければ人類の持続可能性は絶たれます。自然史はそのような発想を啓蒙し続けることができる唯一の分野です。

専門家が企画する野外での観察会・講座・イベントを共催・支援することで、まずは素直に感動し,自然から学ぶ喜びを味わっていただくための機会を提供します。

[注意] 新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴い、以下の観察会・講座・イベント等の開催が中止もしくは延期されている可能性があります。詳細については、各イベントの主催者にお尋ね下さい。

参加団体・イベント一覧 (順不同)

鳥羽市立海の博物館(三重県)

(公財)高知県牧野記念財団(高知)

NPO行徳野鳥観察舎友の会(千葉県)

静岡県立ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡県)

行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会(千葉県)

北海道大学総合博物館(北海道)

千葉県生物学会(千葉県)

  • 千葉県生物学会自然活動普及部野外観察会(秋)
  • 報告書 秋の観察会 10月18日 (PDF|929KB)
  • 日程: 終了 2020年10月18日(日)午前9時30分~13時頃(春の観察会は次年度に延期)
  • 場所: 千葉市泉自然公園
  • 対象: 一般市民・学生・小中高校生(保護者同伴で幼児も可)
  • 人数: 20名程度
  • <詳細は千葉県生物学会へお問い合わせ下さい。>→千葉県生物学会Webサイト

  • 千葉県自然誌フェスタ観察会
  • 日程: 次年度に延期
  • 場所: 千葉県立中央博物館周辺
  • 対象: 一般市民・学生・小中高校生(保護者同伴で幼児も可)
  • 人数: 20名程度

大阪市立自然史博物館友の会(大阪府)

  • 石げた網のよりかす
  • 日程: 2020年10月25日(日)
  • 場所: 大阪市立自然史博物館
  • 対象: 幼児~大人
  • 人数: 60名

葛西臨海水族園(東京都)

ヤマネ・いきもの研究所(山梨県)

  • ヤマネの棲む森の観察会(仮称)
  • 日程: 2021年6月(予定)
  • 場所: 山梨県八ヶ岳山麓の森
  • 対象: 小学生からシニア世代まで
  • 人数: 10名~20名

むつ市海と森のふれあい体験館(青森県)

共催: 南三陸町自然環境活用センター

  • 海の大河が育む豊かさを探る~イルカが跳ね、海藻がそよぐ海を訪ねて~(むつ市)
  • 日程: 2021年6月頃(予定)
  • 場所: 陸奥湾、むつ市海と森のふれあい体験館・脇野沢小学校ドルフィンクラブ
  • 対象: 一般参加者、むつ市立脇野沢小学校
  • 人数: 100名~150名(南三陸町と合計で)

南三陸町自然環境活用センター(宮城県)

共催: むつ市海と森のふれあい体験館

  • 海の大河が育む豊かさを探る~イルカが跳ね、海藻がそよぐ海を訪ねて~(南三陸)
  • 日程: 2021年夏頃(予定)
  • 場所: 志津川湾、南三陸町自然環境センター、南三陸少年少女自然観察隊
  • 対象: 一般参加者、南三陸少年少女自然観察隊
  • 人数: 100名~150名(むつ市と合計で)

岩手県立博物館(岩手県)

  • 三陸海岸の自然観察(県北編)
  • 日程: 2021年夏頃(予定)
  • 場所: 夏井川河口および侍浜(久慈市)
  • 対象: 小学生以上一般
  • 人数: 25名

九州大学総合博物館(福岡県)

  • 驚異の図鑑 昆虫の微細構造
  • 日程: 2021年未定
  • 場所: 志摩歴史資料館(糸島市)(予定)
  • 対象: 小学生から大人
  • 人数: 1500人

東京都生物教育研究会(東京都)

  • ムササビとムササビの棲む森を見よう!
  • 日程: 2021年 予定
  • 場所: 高尾山薬王院(東京都八王子市)
  • 対象: 中学1年生~高校3年生
  • 人数: 30名

東京日曜地学ハイキング(埼玉県)

  • 第205回東京日曜地学ハイキング--埼玉県秩父周辺の化石と地層見学
  • 日程: 2021年10月頃(予定)
  • 場所: 埼玉県秩父市と群馬県神流町恐竜センター
  • 対象: どなたでも参加できます(小学生連れご家族を含む)
  • 人数: 30名

福井県立恐竜博物館(福井県)

  • 2つの恐竜ジオパークをめぐる(仮称)
  • 日程: 2021年未定
  • 場所: 恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク[福井県立恐竜博物館、野外恐竜博物館]・白山手取川ジオパーク[桑島化石壁ほか](予定)
  • 対象: 小学生~一般
  • 人数: 30名~40名(バス1台分)

(公財)藤原ナチュラルヒストリー振興財団

共催: 東北大学・東北福祉大学

2. シンポジウムの開催

「地球と海の自然史ー深海から海洋マイクロプラスチックまで地球の問題を考える」

日時
2021年開催予定 
場所
東北福祉大学仙台駅東口キャンパス(予定)
主催
公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団
共催
東北大学・東北福祉大学
対象
一般、大学生、高校生、研究者

2020.11.30 フォトコンテスト

第7回中学生・高校生フォトコンテスト結果発表および受賞作品・コメント

2020.11.25 シンポジウム

第12回シンポジウム「音の自然史」(オンライン)感想

2020.11.19 助成案内

学術研究助成者 藤本心太さん(東北大学)深海の奇妙な微小動物 コウラムシ類(胴甲動物門)の新種 国内2例目32年ぶりの新種発見

2020.10.01 フォトコンテスト

第12回 ナチュラルヒストリーフォトコンテスト開催【11月30日受付終了】

2020.09.30 シンポジウム

第12回シンポジウム オンライン開催のお知らせ【申込締切り済・URL(リンク)11月2日送信済み】

2020.09.07 助成案内

第27回(平成30年度)学術研究助成 研究成果報告書

2020.07.17 情報公開

2019年度決算報告書

2020.07.17 情報公開

2019年度事業報告書

2020.07.17 情報公開

令和2(2020)年度役員名簿

2020.07.01 助成案内

高等学校助成募集案内 (2020年度)

2020.07.01 助成案内

学術研究助成応募要領 (2020年度)

2020.06.26 フォトコンテスト

第7回中学生・高校生フォトコンテスト開催【9月30日受付終了】

公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1丁目26番1号
中目黒アトラスタワー313
TEL
03-3713-5635

当財団は、ナチュラルヒストリーの研究の振興に寄与することを目的に、1980年に設立され、2012年に公益財団法人に移行しました。財団の基金は故藤原基男氏が遺贈された浄財に基づいています。氏は生前、活発に企業活動を営みながら、自然界における生物の営みにも多大の関心をもち続け、ナチュラルヒストリーに関する学術研究の振興を通じて社会に貢献することを期待されました。設立以後の本財団は、一貫して、高等学校における実験を通じての学習を支援し、また、ナチュラルヒストリーの学術研究に助成を続けてきました。2020年3月までに、学術研究助成796件、高等学校への助成102件を実施しました。